事業案内事業内容のご案内

平山プレス工業所では、プレス加工精密板金加工とを併せて行っておりますので、製品の生涯生産個数に応じた最適な生産方法、トータルコスト(イニシャルコストとランニングコストの兼ね合い)のご相談にお応え致します。また、試作から量産まで創意工夫を持って技術と真心でお応え致します。
多種小ロット短納期に対応できる当社の小回りのきく体制は、お客様から定評を頂いています。

プレス加工   

ランニングコストを重視する加工方法と言えます。中量以上の継続性のある製品に向きますが、1点の製品に最低1つの金型が必要となり、イニシャルコストが生じます。

  • ハイフレックスプレス:NS1-1100

    ▲ハイフレックスプレス

  • 順送プレス

    ▲順送プレス1

  • 順送プレス

    ▲順送プレス2

-

板金加工      

イニシャルコストを出来るだけ抑えたい場合の加工方法です。
少量の継続性も確定しない製品や大きな製品、試作品に向いています。
部品形状にもよりますが、大部分汎用の金型で加工を行いますので、多額の金型費を必要としません。

  • タレットパンチプレス:VIPROS-345

    ▲タレットパンチプレス

  • ブレーキプレス

    ▲ブレーキプレス

  • 板金加工

    YAGレーザー溶接機

-

品質管理      

お客様からの品質要求レベルは年々高まっています。
当社では、画像処理測定器「IM-6000」をはじめとした測定器により厳しい寸法管理を基に、安定的な品質の維持に努めています。

  • 画像寸法測定器:IM-6000

    ▲画像寸法測定器

  • 製品検査機

    ▲製品検査機

-

当社で可能な加工分類

当社で可能な加工分類は以下の通りです。

プレス機の種類 順送(35t~110t)
単発(35t, 60t)
被加工材の種類
ステンレス
バネ用ステンレス

真鍮
リン青銅
ベークライト、ポリカーボネート(打抜のみ)

板厚:t0.10~3.2
-
自動車関連電装部品や小型精密金具部品のプレス加工・精密板金加工は平山プレス工業所にお任せください。 WEBからのお問合せはこちらから TEL 092.932.4177